ブランド買取へGO!GO!

楽しいブランド買取体験談を大公開

サイト項目

プレミアのブランド買取り取り扱い商品についての考察

私は非常にブランド品が大好きです。20歳で社会人になってからと言うもの、そこから約20年間ずっとブランド品を買い続けているのです。
ブランド品を持っていると非常に自分の自尊心が満たされます。
なおかつ自分自信にあまり自信がないのですが、ブランド品を持つことで自分を格上の人間に見せてくれて自分にパワーや自信を与えてくれるのです。
また自分自身あまりファッションセンスがある方とは言えないのですが、ブランド品さえ持っていればセンスや感性に間違いはなく安心していられるのも魅力です。
しかし毎月のお給料でブランドの服、バッグ、洋服、アクセサリーを買い足していった結果、私のクローゼットはついに一杯になってしまい、収拾がつかない状態になってしまいました。
買い足しても収納するスペースがなく、下手するとゴミ屋敷のようにブランド品が溢れかえってしまう状態です。
ブランドは半年スパンでコレクションを発表し、トレンドや流行が発信されます。
そのため半年前や一年、二年前の商品やデザインは、もうすでに時代遅れで古いデザインというものにすぐなってしまうのです。
そのためブランド品は半年ごとに購入しなければ、今のトレンドに追随することができないデメリットもあるのです。
そのため私は頻繁にブランド品を買い足し、結果的に家がブランド品で溢れかえってしまうのです。
こうしたデザインが古いものは決した私は使ったり、持ったりはしません。常に最先端を行きたい私のポリシーに反するからです。
またこうした物をいつまでもクローゼットに置いておくことは意味の無いことであり、綺麗に部屋を片付けたいと言うこともあって、ブランド買取り業者にブランド品の買い取りをお願いすることにしたのです、街中にあるブランド買取り業者に少しずつ持ち込んで買い取りをお願いしようと思ったのですが、なにせ大量にブランド品が溢れかえっているので、ブランド買取り業者の自宅出張サービスにお願いすることにしました。
ブランド買取り業者は数十年前のデザインのブランド品も取り扱い商品として買取ってくれると言うのです。だれがこんな古いデザインのものを購入するのだろうかと疑問に思っていましたが、ブランド買取り業者曰く、ブランド好きの人の中にはコレクターがいてかえって古く生産数の少なかったブランド品はプレミアがついて、高値で買取れると言うのです。
私の手持ちの古いブランド品の中でもっとも買取で高値がついたのが、某フランスブランドメーカーのアンブレラとレインコートだったのです。
どちらも生産数が少なく、日本でも数店舗のブティックでしか取り扱いがなく、ブランドコレクターなら喉から手が出るくらい欲しい逸品であると言うのです。

Copyright(C)2014 ブランド買取へGO!GO! All Rights Reserved.